コピー機を適切に選ぶ

2017-12-13 未分類

コピー機コピー機の導入方法についてメリット・デメリットを知った上で、次に、どのようなコピー機が会社に適切かという問題について考えてみましょう。コピー機は、機能やスピードが異なる機種が多くありますので、選んだ機種次第で、その仕事の業務効率が左右されてしまいます。それならば最も多機能で、価格の高いものを購入すれば良いと考えがちですが、それは間違いです。

まず必要なことは、会社の月間印刷枚数を把握し、その枚数に見合ったコピー機を導入することが大切です。月間印刷枚数が少ないにもかかわらず、高い機能とスピードを持つコピー機を導入してしまうと、オーバースペックとなり、使いこなせていないということになってしまいます。逆に、月間印刷枚数が多い会社が、あまり機能がない、遅いスピードのコピー機を導入することで、業務に支障をきたしてしまう結果になることもあります。適したコピー機を選ぶことは、重要なポイントになりますので、しっかりと理解しておきましょう。分からない場合には、コピー機販売サイトなどに問合せして、提案を受けるとよいでしょう。その会社に合った導入方法、機種についてプロからのアドバイスを受け、最も適したコピー機を導入されるとよいでしょう。

購入とリースの違い

2017-12-07 未分類

お札コピー機の導入に関して、新品のメリットは、やはりその安定した品質と、その後のランニングコストの安さにあります。また、自社の持ち物になりますので、買い替えたいときに好きな時に買い替えができ、買取りも自由にできます。デメリットについては、初期費用がかなりの高額であることが挙げられます。

リース契約とは、リース会社がメーカーと購入する会社の間に入って仲介役をする導入方法であり、実際にメーカーに支払うのはリース会社になります。購入する会社は、リース会社から借金をして、月々リース代を返済していくという考え方の導入方法になります。そのメリットは、何と言ってもその初期費用の安さです。ほぼゼロ円で導入することができますので、初期費用を抑えたいという場合には大きな魅力となります。また、審査も銀行借入れ等に比べると通りやすい為、比較的楽に導入しやすいということもあります。あるいは、月々のランニングコストが計算しやすく、また、権利はリース会社にある為、税金等の手間もかかりませんので、経理や事務的にも扱いやすいということもメリットと言えます。

デメリットに関しては、権利がないということで、自由に買い替えができず、契約期間は解約不可という点が挙げられます。

上手にコピー機を導入

2017-12-06 未分類

OL企業や飲食店、工場等で使用するコピー機の導入について、頭を悩ませている方も多くおられると思います。家庭用と異なり、一台導入するだけでも百万円を超えることもあります。もちろんオフィス用ですので多機能、印刷スピードを兼ね備えており、パソコン同様、なくてはならない存在ですので、導入しないという選択肢はありません。どのようにコピー機を導入するかによって、その費用は大きく異なってきます。ただし、会社によって適切な購入方法は異なりますので、どのような方法で導入することが自社に適しているのかを、しっかり検討されることをお勧めします。

コピー機の導入に際して、主な方法とは、新品の購入、あるいはリース契約での購入があります。この二つの方法について、メリット・デメリットをしっかり理解した上で、自社にあった導入方法はどちらかを検討してください

費用面で考えた場合には、やはり新品での購入がリース契約での購入よりもはるかに高額費用になります。初期費用を抑えたいと考えるのであれば、新品購入はお勧めできない方法になります。初期費用が高くても問題はないという、余裕のある企業であれば、悩むことなく新品での購入をお勧めしますが、ほとんどの企業がそういう訳ではありません。しかしながら、リース契約はどういうものかという理解も必要ですので、ここでは、コピー機の導入方法に関する、新品とリースとの違い、メリット・デメリットについて紹介します。