上手にコピー機を導入

2017-12-06 未分類

OL企業や飲食店、工場等で使用するコピー機の導入について、頭を悩ませている方も多くおられると思います。家庭用と異なり、一台導入するだけでも百万円を超えることもあります。もちろんオフィス用ですので多機能、印刷スピードを兼ね備えており、パソコン同様、なくてはならない存在ですので、導入しないという選択肢はありません。どのようにコピー機を導入するかによって、その費用は大きく異なってきます。ただし、会社によって適切な購入方法は異なりますので、どのような方法で導入することが自社に適しているのかを、しっかり検討されることをお勧めします。

コピー機の導入に際して、主な方法とは、新品の購入、あるいはリース契約での購入があります。この二つの方法について、メリット・デメリットをしっかり理解した上で、自社にあった導入方法はどちらかを検討してください

費用面で考えた場合には、やはり新品での購入がリース契約での購入よりもはるかに高額費用になります。初期費用を抑えたいと考えるのであれば、新品購入はお勧めできない方法になります。初期費用が高くても問題はないという、余裕のある企業であれば、悩むことなく新品での購入をお勧めしますが、ほとんどの企業がそういう訳ではありません。しかしながら、リース契約はどういうものかという理解も必要ですので、ここでは、コピー機の導入方法に関する、新品とリースとの違い、メリット・デメリットについて紹介します。