購入とリースの違い

2017-12-07 未分類

お札コピー機の導入に関して、新品のメリットは、やはりその安定した品質と、その後のランニングコストの安さにあります。また、自社の持ち物になりますので、買い替えたいときに好きな時に買い替えができ、買取りも自由にできます。デメリットについては、初期費用がかなりの高額であることが挙げられます。

リース契約とは、リース会社がメーカーと購入する会社の間に入って仲介役をする導入方法であり、実際にメーカーに支払うのはリース会社になります。購入する会社は、リース会社から借金をして、月々リース代を返済していくという考え方の導入方法になります。そのメリットは、何と言ってもその初期費用の安さです。ほぼゼロ円で導入することができますので、初期費用を抑えたいという場合には大きな魅力となります。また、審査も銀行借入れ等に比べると通りやすい為、比較的楽に導入しやすいということもあります。あるいは、月々のランニングコストが計算しやすく、また、権利はリース会社にある為、税金等の手間もかかりませんので、経理や事務的にも扱いやすいということもメリットと言えます。

デメリットに関しては、権利がないということで、自由に買い替えができず、契約期間は解約不可という点が挙げられます。